23595 Novi Road, Suite 100  Novi, MI  48375 248.735.8700

Home

Dr. ライビッキィのご紹介

治療内容

患者さまへ

予約

オフィスの場所

 

English

 

治療内容

根官治療は、当院にとって最も一般的な歯内治療の処置です。根官治療がしかるべき時期に適切に施されれば、将来的に起こる可能性がある、インプラントやブリッジなどを要する大きな問題を予防することができます。

歯の中心にある歯髄が、外傷、深い虫歯、割れや欠け、または以前の歯科処置でなどにより感染したことが原因で炎症を起こした場合には、感染部位周辺が腫れ、または痛みを感じたり、熱いものや冷たいものが凍みることがあります。こういった症状がある場合に根官治療を勧めます。歯に小さなを穴を開け破損した歯髄を取り除き、消毒洗浄した後、その歯に仮の被せ物をして終了します。これにより、その歯を清潔に保つことができます。

治療終了後、かかり付けの一般歯科医のもとでフォローアップをしていただきます。ほとんどの場合、根官治療を行った歯に被せるクラウンを作るためです。

外科的処置を伴わない歯官の再治療

根官治療はほぼ永久的に持続する解決方法ではありますが、以下の理由で稀に再治療を要する場合があります。

・最初の治療の際に、何も施されることがなかった狭い歯官や曲がった歯官があった場合
・最初の治療時には検知されなかった、複雑で変わった形の歯官があった場合
・処置と修復の間に、あまりにも長い時間が経過してしまった場合
・唾液からの感染を防ぐ修復処置が不足だった場合
・治療をした歯に虫歯、亀裂などの問題が新たに生じた場合

再治療の際、最初の治療で歯官に詰めた薬品などを取り除き、消毒洗浄をし、その歯の中に他の異常があるかどうか入念に検査し、全ての問題が解決されたことを確認した後、その歯に仮の被せ物をします。その後、出来るだけ早めにかかり付けの一般歯科医のもとで新しいクラウン、またはその他の歯冠補綴物を再度作っていただきます。

手術による歯内治療

根官治療、またはその再治療をも問題が解決できない場合、手術をお勧めします。歯内手術では、レントゲン写真でさえ目に見えない曲がった歯根や破損箇所、あるいはその周辺の骨の表面の処置を行うことができます。

この手術では、骨やその周辺組織が見える状態まで歯茎を切り開き、傷んだ組織や炎症が起こっている組織を取り除き、さらに歯根の先端も取り除きます。取り除かれた歯根の先端部分を補強することで再感染を予防することができます。最後に切り開いた歯茎を縫い合わせます。これにより、歯根周辺の骨が自然治癒に至ります。

神経の状態が原因で変色してしまった歯のブリーチ

神経を取り除いた歯や神経が死んでしまっている歯は、歯の色が暗く変色してしまうことがあります。この場合、歯の外側からブリーチしても、あまり効果は期待できません。しかし、Walking Bleachという方法で、歯の中側からブリーチすることで歯の色を白くすることが可能です。

Walking Bleachテクニックでは、数日から1週間程度、歯髄の中にブリーチ剤を詰め、密閉します。歯の色が白くなったことを確認した後、ブリーチ剤を歯髄から取り除き、その部分を再び詰め物で密閉し終了します。

さまの歯の変色が、Walking Bleachテクニックで白くすることが可能な歯なのかどうか、診断することが可能です。



Copyright 2012 All rights reserved.